北千里高等学校

学校便り(校長ブログ)

  • 2018年6月29日 ファームステイへの期待

    6月27日、2年生は修学旅行で北海道に行きます。その事前学習として農家代表者の米林さんをお招きして、ファームステイについてのお話を聞かせていただきました。大阪では考えられないスケールの大自然、四季折々に多くの修学旅行生を受け入れていると語る米林さんは、「各農家のありのままを体験してください」とおっしゃいました。広々とした農場、夜はこぼれんばかりの満天の星空…。北海道で体験する非日常の時間は様々な発見を生むでしょう。北海道のファームステイというと冬が早くやってくるので体験できる時期が限られているように思っていましたが、真冬の北海道でー20℃の体験。濡らしたタオルがカチカチに凍ってしまうことの体験や雪かきなども都会暮らしの生徒たちにはとても好評とか。お話をうかがって私も新たな発見です。

       

     

     

     

Scroll Up