北千里高等学校

学校便り(校長ブログ)

  • 2019年1月22日 体験が学びを深める!化学実験を見学しました

    2、3日前からですが、校長室前の化学実験室から、ボン!と大きな音が聞こえてきていたので、どんな実験をやっているのか気になっていました。今日はその実験を見学させてもらいました。ナトリウムの性質についての実験がメインでしたが、ナトリウムと言うと「塩化ナトリウム」がすぐ頭に浮かび、親しみやすい物質のように思いますが、「ナトリウム」だけでは金属であり、非常に激しく反応する性質を持っています。水に触れると炎を出して燃える様子に、生徒たちは一様に驚いていました。授業の後半は演示実験。気体を混ぜ合わせ、点火するとボン!と大きな音がしてポリ袋が破裂する実験を、先生がみせてくれました。

    ボン!の正体はこれだったのです。実験を通して物質の性質を理解すると、自分の予想していた反応と違い、とても強く印象付けられます。失敗してしまった班は、別の班の様子を見せてもらったり、ただ説明されるだけでは得られない学びの深まりがありました。

    このように安心して実験ができるのも北千里生であればこそです。互いに学びあう環境を大切にし、ぐんぐん伸びていってもらいたいです。真剣にやるとなんだって面白味がわいてきます。

    がんばれ、北千里生!

      

      

      

     

     

     

Scroll Up