北千里高等学校

学校便り(校長ブログ)

  • 2017年5月22日 大学入試センター試験の重要性

     5月19日(金)、3年生の保護者対象に進路説明会を行いました。平日にもかかわらず、約200名、視聴覚室がいっぱいになるほど多くの保護者のご参加をいただきました。ありがとうございました。

     本校進路指導部からは今春の進路実績や本校生の進路志望の状況や大学選択の実態、これからの受験への心構えなどについて説明させていただき、講師の先生からは保護者向けにわかりやす現在の高校生をとりまく受験事情について説明いただきました。

     私学を目指すにしても国公立めざすにしても、センター試験が重要なカギになってくる。そしてセンター試験の出題の中心は1,2年生で学習する教科書の内容ということで、日々の授業の大切さ、家庭学習の大切さを力説されていました。
     3月入試まで(国公立まで)受験勉強を続けることは今の時代、大変な意志が必要かと思いますが、入試が複雑化しているからこそ最後まで努力することで希望進路をかなえるチャンスもあるということです。
     目の前にある事実はひとつ。それをどうとらえるかが生き方を左右します。
     自分自身のおかれている状況を前向きにとらえ、道を切り拓いていきましょう。
     
     北千里生は全員、ただ今成長中!

     

Scroll Up