北千里高等学校

学校便り(校長ブログ)

  • 2018年6月21日 地震お見舞い申し上げます

    6月18日(月)の地震発生から4日目を迎えました。早朝の地震発生であったので登校途中の生徒がほとんどでした。グランドで安否確認をしましたが、雨であったならどうなっていたであろうか。交通機関が全面ストップとなり、保護者の中にも帰宅困難となられた方もいらっしゃるでしょう。生徒の中にも、教職員にも徒歩しか帰宅の手段がなく、2時間以上もかけて歩いて帰宅した人がたくさんいました。

    各ご家庭の被害状況も、地域によっては大変大きく、お疲れのことと思います。そしてご心配なこともたくさんおありかと存じます。

    大きな災害を経験して、日頃の災害対策の重要性はもちろんのことですが、想定している災害後の状況と現実とはズレがあるということも感じています。

    現在学校としては、生徒の安全を確保するために最善を尽くすことを考えながら対応策を考えています。今後の余震についてもまだまだ予断を許さない状況ですが、早く日常の平穏が訪れることを願いつつ、対応してまいります。

Scroll Up