北千里高等学校

学校便り(校長ブログ)

  • 2018年2月19日 昼休みミニコンサート 最終日

    7日間にわたって開催されたミニコンサートもいよいよ最終日。ラストを飾ったのは1年1組のみなさんでした。

    コンサート開始前の放送も最初の頃は少し恥ずかしそうな放送であったのが、他のクラスの演奏や合唱を聞くにつれ、だんだんと「うちのクラスの発表にもたくさんの人に来てもらいたい」という欲が出てきたのか、本当に来場を誘うしっかりしたものに変化していきました。

    今日もたくさんの観客で座席が埋まり、堂々とした合奏、合唱を披露してくれました。

    どのクラスにも課題とされていた混声6部合唱(カルミナ・グラーナより「O Fortuna(オー フォルトゥーナ)」は大変難しそうでしたが、どのクラスも一生懸命取り組んでいました。音楽室ですので観客が目の前にいる近さですが、それにもかかわらず、男子も女子も大きな声でしっかり歌い上げていて「何事にも一生懸命がんばる北千里生」の良さを十分に感じた7日間でした。

    まじめに発表する人たちがいて、まじめにその演奏や合唱を聞きに来る人がいる、そんなことがあたり前にできる北千里高校はとても素敵だなあと感じます。

Scroll Up