北千里高等学校

学校便り(校長ブログ)

  • 2017年7月12日 生徒安全衛生講習会 命を守るために…

    期末考査も終了し、生徒の皆さんは解放感に浸るとともにクラブの再開をうれしく感じていることでしょう。
    夏休みには合宿や様々な大会が予定されています。ぜひ万全の準備をして臨んでもらいたいものです。
    そこで、夏休みを前にしたこの時期に、合宿予定の文化部、すべての運動部の1年生と代表者を対象に、安全衛生講習会を開催しました。
    350名ほどのみなさんが体育館に集合し、実践的な講習に真剣に取り組みました。

    冒頭保健部より「決して他人事にしないでください!隣で友達が倒れたら、助けるのは皆さん自身です!」というメッセージがあり、講師の先生にバトンタッチです。

    救急車の到着まで平均して8分。その間、ずっと心臓マッサージを続けなければならないこと
    15秒の空白があるとせっかくやってきた心臓マッサージの効果が失われてしまうこと
    体力を消耗するので、途中交代してもらえる体制を整えて実施すること
    必要であればAEDを使用すること  など

    緊張感の中、大切なことを学びました。

     

     

     

    ところで、本校のAEDはどこに設置しているか知っていますか?

    緊急時に迅速な対応が必要になります。確認をしておいてください。

     

    上:体育館1階入り口   下:校舎玄関のグランド側

Scroll Up