北千里高等学校

学校便り(校長ブログ)

  • 2019年1月10日 2年0(ゼロ)学期を意識して、社会に目を向けよう

    昨日の総合的な学習の時間、1年生は「小論文とは何か」について具体的にワークショップも交えながら学習しました。

    自分の考えを根拠を持って相手に伝える力はこれからもずっと求められる力です。まず、それが必要になってくるのが進学のための小論文作成になります。説得力のある論理的な文章が書けるようになるためには、一定の文書作成スキルも必要ですが、大切なのは文章を構成する様々な要素を持っているということです。これは一朝一夕にはできません。日頃から、社会の動きや日常の疑問など、自分の心を周囲に向けて開いていかないといけません。残念ながら、小論文は教科書の内容を理解しているだけではよいものにはなりません。

    少しずつ、日々情報を蓄積していくことが大切です。

     

Scroll Up