北千里高等学校

校長ブログ

  • 2020年4月15日 学校長より(4/8版)

    【新年度を迎えて】

    生徒の皆さん、保護者の皆様、いよいよ新年度が始まりました。しかし、緊急事態宣言が出されるなど例年とは違ったスタートとなり、不安な日々をお過ごしのことと思います。教職員一同、入学式、始業式等、生徒のみなさんを迎える準備を整えておりましたので、大変残念に思っております。

    学校の休業が長期化し、生徒の皆さんも保護者の皆さんも学習に対する不安もだんだん大きくなってきていることと思います。今、学校では生徒の皆さんにお届けする学習教材や様々な連絡文書の準備を進めています。できるだけ早くお届けできるようにしたいと思いますので今しばらくお待ちください。

     

    大阪府教育長からのメッセージと校長メッセージを載せておきますので、ご覧ください。

    「大阪府教育長メッセージ」 ←クリックをお願いします。

    今この難局を乗り切れるよう、力を合わせてまいりましょう。

     

    「新入生の皆さんへ」(校長メッセージ)

     

    新入生のみなさん、ご入学おめでとうございます。皆さんの努力がこうして実を結んだことに心より敬意を表します。

    ここに、43期生360人の入学を許可いたします。そして、これから皆さんが北千里高校の学校生活の中で心身ともに大きく成長され、新たな歴史を築いていってくれることを心より楽しみにしております。

    例年であれば吹奏楽部の素晴らしい演奏の中、入場する新入生の姿を保護者の皆様とともに喜びを分かち合いながら式典を進めるのですが、本日は入学式が実施できない状況となりました。保護者の方々もきっとこの日を心待ちになさっていたことと思います。本日、入学式ができないことを寂しく残念に思う気持ちは私たち教職員も同じです。そして一日も早く新型コロナウイルスの感染拡大が収束し、みなさんが高校生活を謳歌できる日がやってくることを願ってやみません。

    考え方を変えてみると、このような時であるからこそ家族の大切さや自分自身の健康のありがたさを感じたり、自ら求めて学ぶ必要性を感じることができるのではないでしょうか。北千里生となったことをかみしめ、今できることに精一杯取り組んでください。

    学校が始まったら急ピッチで学習や学校生活の様々な行事が進みます。高校受験に向けて習慣となっていた学習のリズムを崩さないよう、自分を律して計画を立て取り組んでください。学校の時間割をイメージするとよいでしょう。

    「災い転じて福となす」という言葉もあります。今こそピンチをチャンスに変える努力をしなければなりません。そのためには冷静に物事を考えること、自分が今しなければならないことにきちんと向き合うこと、ポジティブに物事をとらえる力が必要です。

    北千里生としての誇りを大切に、前を向いてしっかり歩んでいきましょう。不安なことや相談したいことがあれば学校に連絡をしてください。皆さんの気持ちに応えられるよう、先生たちも対応を考えます。

    一日も早く皆さんの笑顔あふれる学校が戻ってくることを願っています。

     

    令和2年4月8日

    大阪府立北千里高等学校長 西山 兆子

     

    「新2・3年生へのみなさんへ」(校長メッセージ)

     

    2月の終わり、みなさんはようやく学年末考査が終了し、クラブ活動が思いっきりできると考えていたと思います。その矢先、臨時休業の連絡、そしてさらなる延長となり、今は外出もままならず、ストレスも大きくなっていることでしょう。その状況は先生たちも同じで、皆さんの笑い声の聞こえない学校はとてもさみしく、いかに日常の日々が尊いものか思い知らされています。

    例年とは全く違う形で新年度がはじまりました。本来、1年生は新2年生へ、2年生は新3年生へ進級し、緊張感の中にも活気がみなぎる時期です。是非、新しい学年を迎えたという意識を持ち、一日一日を大切に過ごしてください。授業が実施できないので新しい学習内容を学ばないまま日々が過ぎていきますが、1年間に学ばなければならない内容は決まっていますし、新3年生の入試のスケジュールは今のところ変更はありません。今、計画的に学ぶ習慣を作っておくことがとても重要です。教科書や資料集、プリント等を参考にしながら課題に取り組むことを日々の習慣にしてください。時間割をイメージして学習計画を立て、取り組みを進めてください。新しい学習内容は難しいかもしれませんが既習の内容についてしっかり基礎固めをするのもよいでしょう。学校が再開できる状況になった時に、皆さんの学校生活が充実したものになるよう、先生たちも準備を進めていきます。ともにこの時期を乗り切りましょう。

     

    今はしっかり耐える時です。落ち着いてできることに取り組みましょう。不安なことや相談したいことがあれば学校に連絡してください。あなたの気持ちの解決になるよう、先生たちも対応を考えます。

     

    一日も早く、皆さんの笑顔あふれる学校が戻ってくることを願っています。

    校長  西山 兆子

Scroll Up